2009年03月13日

SPコード(音声コード)作成について

弊社では、明記してあります通り、SPコード(音声コード)ついた印刷物の普及に努めております。
コードの作成ももちろん弊社で行っております!
コードに入る文字は800文字程度ですが…これが結構少ないのですよねあせあせ(飛び散る汗)

文字数がオーバーした場合は、文章を要約したり不要な部分を削ったりと、細かい編集をDTPオペレーターが1つ1つ行っているわけです。メモ
冊子ともなりますと、この編集だけで数日かかることもあります。
校了になってからでないと文章も確定しませんから、最後の最後に作成することになり、納期との戦いが繰り広げられます(笑)

「文章」ならほぼその通りに読み上げるだけで理解できますが、「表」の場合は項目がいくつもあったりするので、読む順番等も考慮しなければならず結構難しいです。
また、見出しがあって文章がある場合などは、どれが見出しでどれが文章なのか、聞いてるだけではなかなか理解できませんし…。
抑揚も付けられないですからね。
というわけで、結構苦労してるんですよ(笑)


私達は、少しでも理解し易いようにと、こだわりのコードを作成していますexclamation×2
ただ内容を読み上げるだけではなく、他のアプローチ法等も模索中です。
次は、作成のポイントなどのことを書いてみようかと思います。

(第一印刷のテルミー穣2@ゆ)


2009年03月06日

サービス委員会

弊社には、「サービス委員会」というものが存在します。
その名の通り、お客様に対してのサービス方法を検討する委員会です。
その他、気になること等があったらそれを議題にして話し合う場合もあります。
委員会とはいっても、メンバーは、社員全員なのですけれども…(笑)
毎週金曜日のお昼過ぎに30分程会議を行っております。

現在の議題は「会社案内」についてです。
当社における会社案内をリニューアルしようということで、話し合いを重ねております。
いつもはお客様の会社案内を作成する側として、
予算に応じてどうするとか、アピールの仕方等色々提案をさせていただきながら作成をしております。

自分の所のなら簡単に作れそうに思われるのですが…
逆に言えば、好きなようにどうにでも作れてしまうためなかなか決まらないのですあせあせ(飛び散る汗)
凝ろうと思えば色々できますが、色々詰め込んでも分かりづらくなるだけですし、
絞り込むにしてもどれを優先するのか考えねばなりません。

まだまだ完成までかかりそうですが、経済的に厳しい時期ですから、お客様に苦無く営業活動していただくための手助けのためのツールとして(くどい)、脳味噌振り絞って考えていきたいと思います。

(“ゆ”のつぶやき)
posted by だいいちさん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 社員のつれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。