2010年05月11日

SPコード(音声コード)とは?

5月より、「TellMe(テルミー)特集」と題し、SPコード(音声コード)・TellMeについての記事を載せていきます。
かなり基本的な説明になりますが、少しお付き合い下さい。

今回のテーマ「SPコード(音声コード)とは?」

率直に答えを言うならば、こちらです↓

sp-code.gif


分かりやすいように、実際のサイズより多少拡大してあります。
どこかで見たことがあるな…と思われた方。
恐らく「QRコード」に似ているからでしょう。

QRコードを例に挙げて説明します。
QRコードの仕組みはご存知だと思いますが…一応。
「QRコード」はURLなどの文字情報を白と黒の2次元コード(画像)にしたもので、
それを携帯電話で読み取ることにより、コード化された文字を読むことが出来ます。


「SPコード(音声コード)」も原理は同じです。
文字情報を、上の画像のような2次元コードにしています。


なんだ、同じ物なんだ。
そう思ってはいけません。
原理は同じでも、その性質は全く違うものです。


最も大きな違いは、「SPコード(音声コード)」は「目が不自由な方の為に作られた物」だという事です。
それについての詳しい説明は、弊社ホームページの「テルミーとは?」をご参照下さい。

要するに、QRコードの様に「文字を表示する」のではありません。
SPコード(音声コード)は、「音声を聞かせてくれる」のです。


QRコードを携帯電話で読み取り文字が表示されるように、
SPコード(音声コード)にも、それを読み取って音声を聞かせてくれる機械が存在します。
それが「TellMe(テルミー)」です。

QRコード 携帯電話コードを読み取る 文字が読める
SPコード テルミーコードを読み取る 音声が聞ける

ということです。


「通常の印刷物」は、文字を読むことが出来る方にしか理解できません。
しかし、SPコード(音声コード)を「通常の印刷物」に一緒に印刷し「TellMe(テルミー)」に読み取らせると、情報を音声で読み上げてくれるので、どなたでも簡単に紙媒体から情報を得ることができるのです。

ただし、コード化できる文字数というのが決まっていて、
SPコード(音声コード)は、最大800文字程度です。
(QRコードは「かなや漢字」で最大1,817文字程度と言われています。)
また、TellMe(テルミー)で読み取る為、印刷する位置や大きさも決められています。


今後の更新予定
・TellMe(テルミー)とは?読み取り方について
・SPコード(音声コード)の作成法
・SPコード(音声コード)の面白い使い方
・SPコード(音声コード)を付けると良い印刷物は?


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。