2010年08月17日

TellMe(テルミー)とは?読み取り方について

5月より、「TellMe(テルミー)特集」と題し、SPコード(音声コード)・TellMeについての記事を載せています。

今回のテーマ「TellMe(テルミー)とは?読み取り方について」

前回もご説明した通り、「TellMe(テルミー)」とは、「SPコード(音声コード)」を読み取り、その内容を読み上げてくれる機械のことです。
(読み上げてくれる機械は、TellMe(テルミー)以外にも存在します。)

実際の大きさは、高さ125o×幅100o×奥行き135o程度です。
こちらに電源用のコードを繋ぎ、コンセントに差し込むことで動きます。
バッテリー仕様ではありませんので、一定の場所でしか使用できないのが難点でしょうか。
また、イヤホンを差し込むことができますので、迷惑をかける心配はありません。


では、実際に読み取って再生している動画をご覧いただきながら、使い方を追ってみます。



@電源をON。(動画では見えませんが後方にスイッチがあります)
 「♪デロデローン」と音が鳴ります。
tellme-back.jpg
↑TellMe(テルミー)の後ろ姿 丸の部分がスイッチ


ASPコード(音声コード)が印刷された部分を、動画のようにセットします。
 セットをする部分は、高さの幅が狭いので、冊子等の場合は本を開いて読ませたいページのみを入れます。
tellme-side02.jpg
↑紙が1、2枚程度入る幅しかありません。

 水平に且つ直角にピッタリとセットします。(そうしないと上手く読み取ってくれません)
 視覚障がいの方の為に、コードが印刷されている部分には半穴を開けることになっています。
tellme2-sp.gif


B上部真ん中のボタンをカチッ押します。
 「♪ピコッ」と音が鳴り、コードを読み取ります。数秒かかります。


C「♪チャン」と音が鳴ったら、読み取り成功です。
 成功しない場合は、成功するまでカチッ、カチッとボタンを押します。


Dコード化された文章を読み始めます。
 動画では男性の声で読んでいますが、女性バージョンもございます。コードを作成する際に、どちらにするか設定します。
 上のバーで、読むスピードを3段階で調節でき、
 下のバーで、音量を調節できます。
tellme-side.jpg
↑調節用のバー

E再生を停止したい場合は中央のボタンを、一つ前の文章に戻りたい場合は左のボタン、先へ進みたい場合は右のボタンを押します。
 

ご覧いただいた通り、非常に簡単な操作で文章を読み取ることができます。
紙を上手くセットするのに手間取る可能性があるかなという程度です。
自分で文章を読むのが面倒くさいという場合にもご使用頂けますよ。

実際に見てみたいなと思われた方、お越し頂ければ実演致します。
もちろん、実物をお持ちして実演することも可能です。
貸出しもしておりますので、少しでも気になった方はお気軽にお問い合せ下さい!


今後の更新予定
・SPコード(音声コード)の作成法
・SPコード(音声コード)の面白い使い方
・SPコード(音声コード)を付けると良い印刷物は?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。